アトピーの原因の検証

アトーピーの原因とはいえないかも?

まず環境汚染説です。

 

延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察したドクターによると 、
アトピーの原因としていわれている環境汚染説について、非常にもっともらしく聞こえるけど、
もし、この説が正しいとするならば中国、インドネシアなどの日本や韓国よりもっと環境汚染がひどい国のほうが、
アトピー患者が多いはずだとおっしゃってます。

 

さらに、旧社会主義圏で環境汚染がひどかった東ドイツと、環境汚染が軽度の西ドイツを比べた場合、
東ドイツの方がアトピーや喘息の患者は少ないというデータもあるようです。

 

次はダニやハウスダスト説です。

 

最近は住宅事情が良くなり、絨毯、カーペット、また気密性の高いアルミサッシで部屋が密封状態になり、
ダニが繁殖しやすくなったといわれています。

 

これは影響がありそうだと思いませんか?
ダニの糞由来のアレルゲンやダニ虫由来のアレルゲンというものがあるそうですが、
この物質がアトピーの原因になりえるようです。

 

しかし、神経質になることはなく、毎日シッカリと掃除する程度で良いようです。
なぜなら、たとえ徹底的に部屋を改造し、フローリングにし、風通しもよくし、
またダニがつかない高額で特別な布団を購入しても、少しもアトピーが改善しない方はかなりいるようです。

 

しかもその数字は約7割。あまり神経質にならない方がかえってよさそうです。

 

 

(つづきは現在調査中です)